合格実績 合格体験記 受験舎で学び見事に合格を果たした生徒の皆さんの喜びの声をご紹介します。
2018年合格実績|2017年合格実績|2016年合格実績|2015年合格実績|2014年合格実績

中学部 合格体験記 宇都宮高校 合格 宇大附属中出身 塩出 錬くん

私は、自分の勉強の出来を他人に知られたくないという思いがあって、なかなか塾には入ろうとしませんでした。しかし、テストの点が伸びなくなり受験に対して不安が大きくなってきたことを感じ、中学3年生になるときから受験舎に通い始めました。

受験舎は私の想像とは違い、アットホームな雰囲気で先生や他の塾生との距離が近く、とても過ごしやすい環境だったため、すぐに溶け込むことが出来ました。また、塾内で成績を出すこともクラス替えをすることも無いので、自分の勉強の出来を他人と比べることなく、自分のペースで進めていけました。

そして先生方は、勉強についてはもちろん学校での生活や家庭の事についても相談に乗ってくれ、自分のことをよく理解してくれました。そのため、勉強外のことで精神的に悩まされることも少なくできました。そのような環境で勉強出来たことが合格につながったと思います。

受験勉強を通して私は様々なことを学びました。その中には計画性や身の回りの環境の整え方などがありますが、特に大切だと感じたのは「どのようにやる気を出すか」ということです。

受験が終わってから悔いが残らないように努力する。そのためにやる気を出す。なかなかやる気を出せない私にも、先生方は寄り添って多くのことを話し、私にやる気を出させてくれました。これらの経験は今後に活きてくると思います。

よりよい人生を描けるようにその経験を糧に今後も頑張りたいです。今までありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 塩出くん合格おめでとう!!

彼の第一印象は“しっかりした子だな”でした。授業が始まってからもその印象は一度も変わることはありませんでした。ですが、彼自身は自信が持てていないのか控えめで、私はひたすら彼に「君はできる子だよ」というメッセージを有言・無言を問わず送り続けました。

そんなやり取りの中で私はあることを確信しました。それは“彼は高校生になっても伸び続け、かなりの大学に入れるだろうと・・・”

生徒には大きく分けて二つのタイプがあると私は考えています。一つは、高校受験までは何とか頑張れるのだが高校生になると伸び悩む生徒。もう一つは、高校生になってさらに伸び続ける生徒。

もちろん塩出くんは後者です。

栃木県の場合、高校生になってから伸び悩む生徒が少なくありません。その理由はいろいろですが、私は“身の丈がわかっていないこと”が一番の原因だと考えています。

その点、彼は自分の弱点をしっかり理解し、そしてそれを謙虚に受け止めることができています。きっと彼は3年後第一志望大学に入学していることでしょう。

私たちはこれからも彼の人生を応援し続けます。
本当におめでとうございました。
小・中学部 鈴木 克美
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 宇都宮中央女子高校 合格 旭中出身 山口 夏凜さん

私は、中学1年生の5月から受験舎に入塾しました。初めて授業を受けたときに、先輩方の勉強に対する熱い姿勢や、先生方との内容の濃いやりとりにとても刺激を受けたのを今でも覚えています。

そして私も、先輩方と同じように先生方と濃いやりとりをするようになっていきました。私が受験生になって行き詰まったときには、先生方は察してくださり、声をかけてくれました。

また、志望校を変更したときには、「良い選択をしたね」と言ってくださり、先生方の温かいお言葉に背中を押されて少しずつ自信を持てるようになりました。

私が苦手としていた理科でも自信を与えてくれました。冬期講習会や2月に行われた休日特訓講習では、過去問や予想問題をひたすら解き続けました。さらに、わからないところはすぐにその場で聞くことができ、解決してから次に進むことができました。

そのおかげで無駄に悩みすぎることなく、たくさんの問題に触れることができました。そしてだんだんと点数が上がっていくうちに、理科ができないという不安が自信へと変わりました。その結果、入試本番では緊張せずに臨めました。

このように受験舎の先生方には学業の面はもちろんのこと、精神面で支えてもらったことがとても印象深く残っています。受験は、勉強をしても点数がなかなか上がってこない時期があると思います。そういうときにも、めげずにやり続けられるよう、様々なアドバイスをしてくださいました。

そのおかげで無事合格することができました。本当にありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 合格おめでとうございます!

山口さんは、1年生のころから受験舎に通ってくれていましたね。私が英語を担当させていただくようになったのは、2年生の5月からでした。それから入試まで、自らの努力で、着実に力をつけていく山口さんを見ていたので、希望する高校に入学できたことを心から嬉しく思います。

2年生の頃は、学校の定期テストを目標に、日々、着々と問題をこなしてくれていました。テストの結果が出ると、満足できる結果が出たときも、そうでないときも、それを受け止め、次につなげようと、努力し続けていました。

入試が近づく3年生の秋ごろからは、それまで以上に、熱心に日々の学習に取り組む姿がみられました。国語・数学・英語に加え、社会や理科の授業も受講し始め、本格的に受験モードに入っていったように思います。そして、入試直前の冬期講習会や2月の休日特訓の特別授業も活用し、ぐんぐん力をつけていきました。

山口さんは、ノートの使い方も丁寧でしたし、疑問に思ったことは、あいまいにせず、その場で質問してくれました。そして、私たちの話も熱心に聞いてくれました。勉強に対する姿勢は、とても素晴らしかったです。

高校では、勉強の内容がさらに難しくなり、中学校の勉強との違いに壁を感じるかもしれません。しかし、受験を乗り越えた山口さんなら、その壁を乗り越えることができると思います。乗り越えた先の新たなステージへ進んでいけるよう、これからも応援しています!
小・中学部 加納 麻菜実
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 宇都宮中央女子高校 合格 宇大附属中出身 谷口 詩織さん

私には2つの欠点がありました。1つは何事にも自信を持てず、自分の限界をかってに決めてしまっていたことです。それを先生方が、「まだまだこんなもんじゃない、もっとできるはず」と励まし続けてくださったおかげで、だんだんと自信が持てるようになりました。

ときには、分からずに質問をしているのに、なぜ答えを教えてくれないのだろうと悩むこともありましたが、ヒントやアドバイスをいただいて、もう一度考えていくうちに解けることがほとんどでした。

今となってみれば、先生方は私ならできると信じてくださってのことだと感じました。おかげで受験が近づくにつれ、自ら考えて取り組むことができるようになってきたと思います。

2つ目は、何事にも焦ってしまうことです。そのため、問題を読まずになんとなく問題を解いてしまったり、質より量になって再度同じ問題を解いたときに、以前は合っていても間違っていたりと、その場しのぎの勉強が続いていました。

そんな私の欠点に対して、先生方は、それぞれの課題に的確なアドバイスをくださりました。そのおかげで、具体的に何をすればよいのかが理解できて焦りも自然と減ってきました。

このように受験舎では私の課題に合わせて様々な指導をしてくれました。そして、先へ急がずに基礎から丁寧に教えてくれました。また、ただ答えを教えてくれるのではなく、質問の仕方までも教えてくれるので、改めて自分がどこまで理解できていたのか把握できるようになりました。

4年前に受験舎に来たときは、あまり勉強に取り組まなかった私ですが、先生方の指導のおかげで、少し落ち着き、やればできると考えられるようになりました。受験舎に来られて本当によかったです。ありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 谷口さん、この度は高校合格、本当におめでとうございます!

中学3年生になった春から担当させていただきましたが、当時の谷口さんはいろいろなことに迷い、自信を持てずに苦しんでいたように思います。すでに受験生としてのスタートを切っていたと思いますが、それでも志望校に迷い、勉強の仕方に迷っていましたね。

さらに、部活動や委員会と学校生活でも多忙な毎日を送っていたにも関わらず、勉強量も人一倍、いや2~3倍こなす姿は今でも強く印象に残っています。それでも、思ったような結果が得られず、体力的にも精神的にも辛い時期を過ごしていたこともあったのではないでしょうか。

そういう時期を並々ならぬ努力で乗り越え、合格を手に出来た要因の一つは、谷口さんが自分自身の短所だと思っている「自信のなさ」だと思います。勉強をすることに対し、自信がないことが、マイナスに働くこともあるかも知れません。

しかし、自分自身のそういう性格をしっかりと分析し、不安を確実に解消しながら、進んでは戻り、物事を進めて行く「慎重さ」が実は大きなプラスを生み出していたのだと思います。

受験勉強にとって欠かすことのできない「基本事項の確認」「反復練習」の部分を鍛えたことが、本番をはじめ、どんな状況で受けたテストであっても大きく得点を落とすことなく、受験にとって最も大事な安定感をもたらしたのだと思います。

そして、合格した後も浮かれることなく、すぐに次の目標に向けて動き始めた谷口さん。その姿をこれからは少し離れた場所から応援しています。これからもがんばってください。
小・中学部 小川 智行
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 埼玉県立浦和高校 合格 一条中出身 Y・Kくん

僕は中学3年生の秋に入塾しました。なぜなら入塾前に受けた、埼玉県の模試「北辰テスト」で、志望校の浦和高校の判定は安全圏どころか、合格圏にも届かず、努力圏だったからです。そこで、それまでの勉強法に危機感を覚え、浦和高校に向けてしっかりと対策をしてくれる塾を探し、受験舎へ入塾しました。今思えば、賢明な決断だったと思います。

受験舎はとても落ち着いた雰囲気で、生徒にとってはすごく集中しやすい環境でした。なにより、入塾のときの面談でじっくりと話し合うことができ、僕の状況を的確に把握して早急に埼玉県立入試に向けた対策を始めてくれました。

そして、どの教科も問題の解き方をただ解説してくれるだけでなく、テストの時間内で終わるようにするための方法や問題の取捨選択の仕方など、細部にまでこだわって僕に合った対策をしてくれました。そのおかげで、次の北辰テストでは安全圏にまで達し、そして入試本番にも無事合格することができました。

また、受験舎では授業前にその授業で行う課題を終わらせ、採点して間違ったところを授業で直すという予習と復習のサイクルが身に付きました。これは、高校でも大切だと思います。

受験舎では、高校受験に受かることだけを目標とするのではなく、その後のことまで役立つことを色々と教えてくれました。最高のサポートをしてくださった先生方、ありがとうございました。浦和高校でも頑張ります!

そして最後に、受験生のみなさん。僕が浦和高校を志望したのは、「有名だから」、「偏差値が高いから」というような理由ではありません。浦和高校でラグビーをやりたいからです。僕はただ漠然と入りたいという思いではなく、入学して何をしたいかという目標に合格を後押しされた気がします。みなさんも目標を持って受験に臨んで下さい。
担当講師からのメッセージ Y・Kくん、合格おめでとうございます。

Yくんは、とにかく自立できていたことが合格の決め手だったように感じます。確固たる目標をもっていたため入塾から受験まで短い期間でしたが、脇目も振らず受験に向けて勉強を続けていたのを安心して見守ることができました。

浦和高校という県外を受験する場合は、周囲の同級生と比較することはできません。そのため、何をどれくらい勉強すれば良いのかというのを実感し難かったと思います。そのような中、勉強を続けていくのは周りに影響されない“自己”をしっかりと持ち続けることが大切です。

一方でYくんは自分に固執し”自儘(じまま)”になるのではなく、こちらの話をしっかりと聞き入れ、柔軟に変化させられる一面も持ち合わせていました。そのため、様々なものに臨機応変に対応し、メキメキと力を伸ばせていけたのだと思います。

その力は時々刻々と変化するラグビーの試合でもきっと役に立つと思います。今後、乗り越えるのが困難な壁に直面しても臨機応変に対処できるYくんなら、乗り越えずに上手く壁の横から通り抜けるかもしれません。そのまま、壁を押し込んで目的地までたどり着くかもしれません。それも一つの手段だと思います。

今後も臨機応変にYくんらしく走り抜けて下さい。
浦和高校でも頑張れ!!
小・中学部 相羽 寛志
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 四天王寺高校(大阪府) 合格 Aさん

私は小学生の頃から4年間、受験舎にお世話になり、無事に志望校に合格することが出来ました。目標もなくただダラダラと勉強していた小学生の自分からはとても考えられないことです。私がここまで来られたのは魅力的な受験舎のおかげだと思っています。そしてその受験舎の魅力は大きく分けて2つです。

1つ目は自分に合ったペースで勉強ができることです。私の場合は小学生の頃から中学校の内容の勉強を進めたため、中学校での勉強に余裕をもって取り組むことができました。そのかいあって、中学3年生の頃には、早々に志望校に向けた対策を始めることができました。

2つ目は先生方のきめこまかいサポートです。生徒一人ひとりの目標に沿うようにサポートしている先生方の姿を私はたくさん見てきましたし、私自身もお世話になりました。教材選びや受験に向けて精神面でのアドバイスなど、色々な場面で支えられてきたと、受験が終わった今改めて実感します。また、先生方のゆるぎない自信に安心させられることも多々ありました。

受験舎はこのように受験で乗り越えなければならない学力の向上はもちろん、気持ちの面でも支えてくれる場所です。この塾を選んで良かったと私は思います。今まで本当にありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 合格おめでとうございます!!

Aさんの一番素晴らしいところは、最後まで自分を見失うことなく頑張れたというところです。

たしかに小学生のころから前向きに勉強に取り組むことができ、結果中学生の内容をいち早く終了させられたことは、彼女にとって受験を有利に進められた大きな要因です。

しかし、たとえそうであったとしても中学生終盤になってご家族の転勤に伴う幾度とない志望校の変更については、私自身相談にのっていて彼女のことがとても心配になりました。

そんな私の意に反して彼女は一つもぶれることなく受験に向かって一直線で進んでいました。最終的には大阪の高校を受験したわけですが、それについても自ら足を運んで学校見学に行き受験校を決めてくるなど感心させられました。

高校入学後についても遠距離ではありますが何とか私たちのサポートが受けられないか相談に来ました。私たちもメール等できる限りのツールを利用しながらずっと彼女をサポートしていくつもりです。

すでに志望大学・学部なども決めているようで、今後の活躍が楽しみです。
本当におめでとうございました。
小・中学部 鈴木 克美
講師紹介はこちら>>
小・中学部の紹介
高校部の紹介
卒業生のご紹介
親の心得
受検支援ブログ JUKEN SUPPORT BLOG
メディアライブラリー
安心・安全への取り組み
Facebook
ICEBUCKS HCのご案内

アクセス情報

  • 住 所
  • 栃木県宇都宮市大通り5-2-8 アサノ大通り第一ビル1F・2F
  • 所要時間(電車)
  • JR宇都宮駅西口から徒歩5分
  • 所要時間(バス)
  • 関東バス 上河原停留所下車 徒歩3分
    宮バス 妙正寺停留所下車 徒歩1分
  • 電話番号
  • 0120-244-015