合格体験記
2019年合格体験記|2018年合格体験記|2017年合格体験記|2016年合格体験記|2015年合格体験記|2014年合格体験記

中学部 合格体験記 宇都宮女子高校 合格 豊郷中学校出身 横尾 恵子さん

私は中学生になってから複数の塾に通いましたが、どの塾も自分には合わないと感じ、通い続けることができずに三年生の秋まで過ごしました。その頃にはもうかなり成績は低くなっており、模試の志望校判定でも悪い結果が出ていたので、第一志望の高校をあきらめようと思っていました。

しかし、受験舎に出会い、通って勉強を続けていくうちに、成績が伸びず不安にさいなまれていた自分が、いつしか落ち着いて不安と向き合いながら勉強できる自分へと変わっていることに気がつきました。

このように変われたのは、受験舎のやり方が私の性格に合っていたからのように感じます。クラス分けや順位付けのシステムがなく、他者と比べられることがないため、不安を煽られることがありませんでした。

そのため、プレッシャーを感じず、勉強も苦痛に感じなかったので、ハイペースの勉強を自分のリズムで行うことができました。そして勉強をたくさんし、今までやってきたプリントを見返す度に、「自分はこれだけやったんだ!」と自信がついてきました。

さらに勉強をしていると不安がなくなっていき、模試でも安定して点数を取ることができるようになりました。そして、宇都宮女子高校に合格することができました。

今、思い返してみると、受験舎に通うことで学力が向上したことはもちろん、精神面でも万全な状態で本番に臨めたことが合格につながったのだと思います。本当にありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 横尾さん、この度は宇都宮女子高校への合格、本当におめでとうございます。初めてお会いしたときのとても不安そうな表情は今でも覚えています。その当時の状況、これまでの成績の推移、さらには志望校などをお伺いしながら、残された半年という時間の中で何をすべきか、何ができるのか、私なりに思ったことをご提案させていただきました。

入塾後しばらくは、慣れない環境での学習と11月まで続いた部活動との両立で、時間的、体力的に大変なことも多かったのではないかと思います。私は数学の担当講師として、「他の4教科の好成績をキープしたまま、いかに数学の成績を上昇させることができるのか」という目標を掲げ、授業に臨んでいました。

ただ、その時点で横尾さんは受験生として必要な姿勢をすでに持っていたと思います。自分自身の弱い部分を素直に認め、様々な提案に耳を傾け、地道にコツコツと積み重ねることが一番の近道と信じること。当たり前のようで難しいこれらのことができていたように思います。

部活動を続けている最中も、少しでも時間ができると塾の自習席に足を運び、コツコツと問題演習に取り組む姿をよく見かけると、その姿に感心していました。部活動を引退し、受験勉強に専念し始めると、横尾さんを見かけない日がないくらい塾で勉強する姿が定着していましたね。

年明けからは理科の授業を受講し、入試直前期間には5教科の休日特訓講座へも参加し、最後まで手を抜かずに努力を続ける姿は、受験生のお手本のようでした。そして極めつけは、入試前日、多くの受験生が自宅で翌日に備える中、「やっぱりここが落ち着くから」と、わざわざバスに揺られてまで、塾に自習をしにいらした姿が一番印象に残っています。

高校に進学されてからも、これまでに積み重ねてきたことに更なる努力をされて、大きく飛躍されることを期待しています。また、お会いできる日を楽しみにしています。
小・中学部 小川 智行
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 宇都宮女子高校 合格 旭中学校出身 出井 寛子さん

私は、中学3年生の9月から入塾しました。入塾した理由は自分が取り組んでいた受験勉強に不安があったからでした。そして、面談を受け受験舎ならこの不安を解消できそうだと感じ、通うことを決めました。

私は、受験舎に入塾し、国語、数学、英語を受講しました。どの教科でも自分のペースで学習を進めることができました。また、授業中は、自分のタイミングで質問に行けたり、先生方が見計らって声をかけてくださったりしたため、学習内容の定着がスムーズにできたと思います。

さらに、受験舎は授業がない日でも自習席を利用でき、先生に質問をすることや丸付けをして頂くことができました。そのため、分からない点をそのままにせずに勉強が進められ、大変はかどりました。

また、受講をしていない理科と社会は先生がプリントをくださったため、教材選びで悩む必要がありませんでした。そして、その受講していない教科も質問ができたので、全てを悩みながら自力で解く必要がなく、安心感を得ながら取り組むことができました。

この他にも先生方は、志望校や勉強法、テストへの取り組み方などの相談にものり、アドバイスをしてくださいました。おかげで受験に対する不安や悩みは、その都度解消されていきました。

受験勉強は、問題の解き方が分かるようになることは確かに必要ですが、一方で継続して勉強を行うため、不安との付き合い方こそとても大切だと感じました。受験舎では、個人に適応した学習プランで学習を進めたり、勉強以外のことでも相談にのってアドバイスをしてくださったりしました。

これらが私の不安の解消に役立ち、志望校の合格に大きくつながったと感じております。ありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 出井さん、合格おめでとうございます!入塾して以来、英語の授業を担当させていただきましたが、出井さんの勉強に対する姿勢はすばらしいものでした。

英語の授業は、英文法の復習からスタートしました。授業時間だけでなく、自習時間でのがんばりもあり、2か月程度で復習を終え、その後は、入試対策として、英文読解演習や自由英作文の対策を行いました。

特に12月以降の入試直前の時期は、本番までの残り時間を考え、いつまでに何をすべきか、入試までの勉強のスケジュールを共有し、目的意識をもって入試対策に取り組むことができました。

授業中の取り組みだけでなく、自習時間の過ごし方も模範的でした。出井さんは、授業がある日もない日でも、毎日欠かさず自習室を利用し、一度席に着くと、集中を切らすことなく、ひたすら問題と向き合っていました。

すばらしいのは、それを無理やり誰かにさせられているのではなく、自らの意思で行っているという点です。受験を自分のこととして考え、自分のために勉強をするということが自然にできていたように思います。

また、勉強に関する様々な不安も、素直に相談してくれました。勉強に真剣に向き合っているからこそ、悩むことができるのだと思います。不安を解消するために、誰に何を相談すべきか判断し、自分の気持ちを、自分の言葉で伝える力を持っていました。

高校に入学し、その先どのような進路をとろうとも、自ら考えて行動する力を持つ出井さんなら、きっと次の困難も乗り越えられると思います。自信をもって、学び続けてください。出井さんの将来を、受験舎から応援しています。
小・中学部 加納 麻菜実
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 宇都宮高校 合格 国分寺中学校出身 神谷 春陽くん

私が受験舎と出会ったのは、小学5年生のときだった。受験舎のホームページを母が見つけ、私に紹介してくれたことが始まりだ。

その頃、私は中学数学の先取り学習をしていたのだが、国語力が十分ではなかったため、文章題の読解に手を焼き始めていた。しかし、なんとしてでも国語を得意教科にして中学校の先取り学習を進めたがっていた私を見かねて両親が塾を探してきてくれたのだ。

当初は講習会のみの参加であったが、中学に進学してからは毎週定期的に通いだした。受験舎の「生徒の学力や性格までを考慮した指導」は正に私の求めていたものだった。先取り学習を実現でき、そして小手先のテクニックではなく、汎用的な能力の醸成を手助けしてくれる塾は他に見つからなかった。

部活が忙しくなると塾が遠方だったため、体力的にも時間的にも通塾が困難になり、休塾した時期もあったが、そういった状況をも鑑みて「一人ひとりに寄り添い、想いに耳を傾け、共感し、目標に向かう手助け」をさりげなく行ってくれる受験舎は、本当に居心地がよく、そして教わる勉強はとても楽しかった。

おかげで私は国語を学ぶことが好きになり、成績も上がった。私が宇都宮高校に合格することができた最大の要因は、学ぶ楽しさを教えてくれた受験舎に出会えたことだろう。まだ、大学受験も控えている。今度も志望校に合格できるよう、日々の勉強に全力を注いでいきたい。
担当講師からのメッセージ 小学生の頃から神谷くんは学習意欲の高い生徒でした。そしてそれが変わることなく、むしろ高校受験に向けてさらに意欲が高まっていったように感じられました。

遠方ということもあり、塾へ毎日来ることは困難でしたが、一方で祝日や土曜日などの学校がない日に、塾が開いた時間から、終わる時間まで自習や授業をし続ける姿はとても頼もしく見えました。

そのような神谷くんでしたから、授業においてもこちらから何から何まで指示することはなく、本人の学習意欲を削がないように努めました。その結果、宇都宮高校に合格できたこと、私も嬉しく思います。

そして「国語を学ぶことが好きになった。」この言葉を聞けたことが私にとって何よりも嬉しいことです。受験期間中には、様々な悩みもあったでしょう。受験とは、他者には計り知れぬ心労が重なるものです。そういう苦しさが伴いがちな「学び」という行為の楽しさが伝わったのであれば幸いです。

学ぶことそのものが楽しめれば、きっとこれからも目標に向けて邁進(まいしん)していけるでしょう。ご自身でも言及していますが、大学受験もきっと乗り越えていけます。ぜひとも日々の勉強を楽しんでください。
小・中学部 相羽 寛志
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 開智高校 合格 作新学院中等部出身 村山 智美さん

私は、小学生の頃に別の塾に通っていました。しかし、塾側のペースに合わせて勉強をさせられていると感じ、中学校への入学と同時に環境を変えたいと考えました。そこで、個別指導をしてくれる受験舎への入塾を決めました。

受験舎では、毎回の授業での学習範囲というのがありませんでした。ですから、自分で進めたければどんどん先へと進むことができ、また途中で穴があると感じると過去にやった単元に戻って復習することができました。

そのため、自分のペースで進めることができ、自ら勉強するという習慣が身につきました。そして何よりも一番良かったのは、わからないところをすぐに質問できたことです。授業中はもちろん、自習のときでも先生の合間を見てすぐに質問することができたので、疑問点を引きずったままにすることがなく、より一層自分のペースで進めることができました。

さらに、自習室に仕切り板がなかったことも私にはとても勉強のしやすい環境でした。周りが見えるため、同じように自習している他の生徒の頑張りに刺激を受けたことも勉強が継続できた要因だと思います。

私の進学先である開智高校は模試の結果で合格の内定をもらえる高校でした。今までの勉強のかいがあり、模試でも好成績が取れたため、私は、12月下旬ごろには受験が終わってしまいました。

そこで、先生方と相談の結果、高校の学習範囲を先取りして授業を行うことにしました。その間、3ヶ月間でしたが、受験が終わってもサボることなく勉強をする習慣が継続できました。さらに高校の内容に触れたことで、予習の大切さも実感することができました。この3ヶ月はとても有意義だったと思います。

勉強を継続的にやり続けることができたのは、先生方の手厚いサポートのおかげです。高校に入っても、自ら勉強する習慣を継続することを忘れずに、頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 村山さん合格おめでとう!なんといっても彼女の素晴らしいところは、将来に向けたビジョンをしっかりと持っていたところだと思います。彼女は、一貫して自分の目標に向けてどうすればよいかを考えている子でした。

確かに、途中何度か志望校に悩んでいましたが、それも目標とする大学に受かるためにどうすればよいかという手段を模索していた結果だと思います。そして、悩みながらも県外の学校を受験するという選択を早々にし、それに向けた対策を早い段階でできたことが合格へとつながったのではないでしょうか。

早い段階で高校に受かった後もそうです。高校に合格することが最終目標ではなかったので、早々に高校に向けた対策を受け入れ、取り組んでいました。

高校受験は、もちろん大変です。そのため受験終了後は解放感からか、多くの人が勉強をさぼりがちになります。しかし、実際は高校に入ってからが肝心です。中学校とは比べ物にならない学習量が3年間続きます。それを乗り越えるためには自律して前向きに取り組むことが大切だと思います。

村山さんなら、高校でもその持ち前の明るさで前進して3年後には志望大学へと入学していることでしょう。そしてさらに先のビジョンを描き、それに向けて邁進していることでしょう。これからも、自分の思い描く人生を謳歌してください。応援しております。
小・中学部 鈴木 克美
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 宇都宮女子高校 合格 S・Rさん

私は、中学3年生の9月下旬に受験舎に入塾しました。その頃は、実力テストや下野模試での結果が下がっていく中で、受験に対する不安が日に日に募り自信を失っている頃でした。

それまでの私は、1対1の塾にしか行ったことがなく、入塾前に体験授業を受けたときは、初め同じ空間に多くの塾生がいることに抵抗がありました。しかし、それまでに体験した塾にはない先生方の熱心なご指導に感動を覚え、入塾を決意しました。いくつもの塾を転々と探し続け、ようやく自分に合う塾を見つけたような気がしました。

入塾後、先生と相談の結果、まず私は勉強法を改善しました。今までは一つの問題に対して多くの時間を費やし、長く考えていましたが、相談後からは一定時間考えてもわからないものはすぐに質問し、復習に多くの時間を費やすことにしました。すると、一気に問題演習量が増え、様々な問題に対する考え方や見方を身につけることができました。

また、精神面でも先生方にサポートしていただきました。私はネガティブな思考が多く、常に悩み事を抱えていました。しかし、先生方に教わったとおり、前向きにポジティブに物事を捉えることで自然と笑顔が増え、より勉強することが好きになりました。そこからは点数が徐々に上がっていき、自信につなげることができました。

入試本番では、落ち着いていつもどおり臨めました。無事に合格することができたのは、受験舎のお陰です。本当にありがとうございました。
担当講師からのメッセージ 合格おめでとうございます。彼女は、中学3年生の9月に面談をした段階で、勉強に臨む姿勢や学力は十分に備えていました。ただ、ネガティブに物事を捉えてしまうところがありました。そこで、出会ったその日から、ポジティブに考えるように事あるごとに言い続け、うまくいかないことがあっても気にしないようにと声をかけ続けました。

私は、普段から生徒の授業中の様子や自習中の態度などを見ているのですが、ある時期から彼女の雰囲気に柔らかさのようなものを感じ始めました。その頃からでしょうか。以前に比べ格段に笑顔が増えてきました。私は内心「これはいいぞ」と思い、さらに明るく彼女に接し、その雰囲気を壊さないようにと努めました。

受験間際になると、もう合格は十分に見えていたので、「あとは受かるかどうかではなく、何点で受かるかを目標にするといいよ。」とアドバイスをし、具体的な目標を持たせモチベーションを維持させるようにしました。

受験まで彼女は幾度となく、大なり小なりの出来事の相談をしに来ましたが、一人で抱えることなく悩みを人に話せることが、既に前向きに解決しようという意思の表れではないでしょうか。

合格したときの彼女の笑顔は、面談したときからは想像できないぐらい明るく素敵な表情でした。その気持を絶やさずに高校に行っても成長していくことを願っています。
本当に合格おめでとうございました。
小・中学部 鈴木 克美
講師紹介はこちら>>
小・中学部の紹介
高校部の紹介
卒業生のご紹介
親の心得
受検支援ブログ JUKEN SUPPORT BLOG
メディアライブラリー
安心・安全への取り組み
Facebook
ICEBUCKS HCのご案内

アクセス情報

  • 住 所
  • 栃木県宇都宮市大通り5-2-8 アサノ大通り第一ビル1F・2F
  • 所要時間(電車)
  • JR宇都宮駅西口から徒歩5分
  • 所要時間(バス)
  • 関東バス 上河原停留所下車 徒歩3分
    宮バス 妙正寺停留所下車 徒歩1分
  • 電話番号
  • 0120-244-015