合格体験記
2020年合格体験記|2019年合格体験記|2018年合格体験記|2017年合格体験記|2016年合格体験記|2015年合格体験記|2014年合格体験記
中学部 在籍生からのメッセージ
作新学院中等部 → 宇都宮高校 合格
東北大学 工学部 合格
白勢 拓くん(宇都宮高卒)からのメッセージ
私は、小中高と進学しても、塾を変えずに受験舎に通い続けました。その結果、学習内容は進学と共に変わっていきましたが、塾の雰囲気はずっと変わらなかったため、安心して勉強に励め、とても快適な学習環境を維持することができました。

学力面に関しては、小中学部にいた頃から将来的に必要なことをしっかりと指導していただき、大学受験の際にその効果を強く実感することができました。特に鈴木克美先生には図形問題で必ず図を描くことといった基本的なことを当時から丁寧に徹底的に指導していただいたことで、現在の学力の土台を作ることができたのだと思います。

そしてもう一つ、国語の読解演習は高校進学後にとても役に立ったと思います。文章中のどの部分に答えのキーがあるのかを意識して答えられるようになったことが一番効果を感じた部分だと思います。これは他教科にも有効で、問題に対して真正面から立ち向かうのではなく、どこに答えのヒントが隠れているのか考えながら解くようになりました。

また、中学校までの学習は、問題演習を通して経験したことを、その後の問題演習や試験に生かすという受験の軸となる部分に対する基本訓練であったと思います。大学受験に比べてしまえばとても楽だったと思いますが、この当時の経験が今回の大学受験に生かされたことは言うまでもありません。

最後に、これは東北大学合格のためというわけではなく、どの大学を目指す人にも当てはまることですが、疑問に思ったことをすぐに先生に質問することは本当に大事なことです。それがいつでもすぐに出来る環境が受験舎にはあります。

さらに、受験は学力だけではなく、メンタルやその他の部分も大事だと思っています。受験舎では先生方との雑談も楽しくてより親交が深まり、勉強面だけでなく様々な相談をすることができ、高校受験を乗り切れました。長い間本当にありがとうございました。
中学部 在籍生からのメッセージ
宇大附属中学校 → 宇都宮女子高校 合格
立教大学 社会学部 合格
前原 佑衣さん(宇都宮女子高卒)からのメッセージ
私は、中学2年生の夏休みに受験舎に入塾しました。学校と同じ授業形式の塾ではついていけないと思っていたので、体験授業を受けてみたら、分かりやすく、雰囲気が良かったので通うことにしました。

今、当時のことを思い返してみると、先生方の具体的なアドバイスの言葉は覚えていませんが、どの教科も最終的に県立入試の傾向をつかめるようにアドバイスをしてくださった印象が強いです。それによって初見の問題にどんどん取り組みやすくなっていきました。

また、国語や英語の作文問題の演習では、最初から型にはめるのではなく、生徒の思考を尊重しながら指導してくださったので、より良い作文が書けるようになったことに加え、意見を述べる際の視野が広がったと思います。

そして、中学時代に国語の授業で行っていた読解演習や要約文を書くことが、大学受験にとても役立ったと思います。中学と高校の読解問題は難易度こそ違いますが、文章を読むときのポイントは同じなので、そのポイントを徐々につかむためのトレーニングとなりました。

「国語はセンスだから勉強しても伸びない」という意見もよく聞きますが、私は中学時代から塾でコツコツと演習や要約を行ったからこそ、高校では一番の得点源になったと思っています。

さらに国語の読解演習を重ねたことで、何よりも問題文がよく読めるようになりました。問題文の要点をつかむことができたので、より丁寧に問題に取り組むことができました。これも点数を上げるためのひとつの方法だと思います。

また、中学から受験舎に通い続けられたことも大学受験に役立ったと思います。それは、自分がしっかりと勉強を続けられる場所を早くから見つけられたからです。私は家では勉強ができないタイプだったので、いつでも自習室を利用できる環境がありがたかったです。

塾の雰囲気も私に合っており、少しだけでも塾に行けば勉強を進められるとわかっていので、忙しくても塾に行くようにしていました。そうしていくうちに、中学生の頃から勉強を継続する習慣がつき、高校生になっても塾を変えることがなかったので、そのまま大学受験まで安定したペースで勉強ができたと思います。

最後に、小中学生のみなさん、高校入試はとても大変だと思います。私も、高校入試はかなりプレッシャーもあり、正直辛かったです。でも、高校で大学受験に挑む番になって、「あのとき頑張れたのだから大丈夫だ」という自信が私を助けてくれました。心に余裕がなくなったときや、もうひと踏ん張り必要になったときなどです。精神面のコントロールなどは受験舎の先生方が教えてくれます。この自信のおかげで手に入れた大学合格だと思うので、高校入試を経験して本当に良かったと思います。

そして、日々の基本的な勉強に加えて、部活、遊びなどのやりたいことを思う存分やってほしいです。その中で見つけた自分の良さや可能性は、高校で志望校や受験について考えるときにすごく役に立ちました。だから今自分がやりたいことをたくさんやってみてください。

中学部 合格体験記 作新学院 中等部 → 宇都宮高校 佐藤 達くん

私は、小学生の頃には一斉授業の塾に行っていました。しかし、自分には合わないと感じていました。そのため、中学生になるタイミングで母に受験舎を勧められ入塾することにしました。

受験舎に来てよかったと思うことはたくさんありますが、まず思うことは、読解力が上がったことです。
国語の授業では、まず文章問題を解き、その後要約文を書くという流れで授業を進めていきました。
正直、最初の頃はこれで本当に読解力が上がるのかと疑問に思っていました。しかし、要約文を書く演習を続けていくことで、文章を読んでいて要点を瞬時に把握できるようになりました。
その結果、問題を解くときに文章を何度も読み直してやけに時間がかかってしまうということがほとんどなくなりました。
このおかげで受験本番も落ち着いて文章問題を解くことができ、時間内に全ての問題を解き切ることができたのだと思います。

また、受験舎の授業形式も自分には合っていました。
英語、国語を受講していましたが、両教科とも自分の都合に合わせて宿題としてやってくる量を決めることができました。
一方で、塾の学習の進度具合を先生と共有しているので、進みが遅いときは指摘してくれるため、宿題の量が減って遅れそうになっても放置されることなく、早い段階で修正をすることができました。
その結果、学校の行事が入っているときや、学校の宿題が大量に出たときには、調整をすることができ、塾の宿題が多いから学校の宿題ができないということもなく、学校と塾の両立を上手くすることができました。

そして、何よりよかったのは、先生と生徒の距離が近いことです。
そのため、私は先生に受験などで悩んでいることを相談できました。また、先生もそれに真剣に答えてくれたため、迷いや後悔なく受験本番に取り組めました。
このように私は受験舎の先生方に助けられて受験に合格することができました。
ありがとうございます。

担当講師からのメッセージ 佐藤くん合格おめでとうございます。3年前の春に面談をしたときのことを今でも覚えております。合格の知らせも格別ながら、成長期である中学生活の3年間の一部でも共有でき、そしてその成長を見守ることができたことが何よりの喜びです。

そして、要約文を書く演習が役に立てたこと、とても嬉しく思います。栃木県立高校入試において、30年以上要約文を書きなさいという設問は出ていません。それにも関わらず要約を行うのは、それが全てに通ずるからです。

記述問題の解答を短くまとめるのはもちろん、選択問題でも要点を押さえることや、ときには設問自体を要約して把握することが求められます。そして何より、本文の読解に関わってきます。佐藤くんのいうとおりです。高校に行ってからは、それをもっと実感することでしょう。大変かとは思いますが、それも含めて高校生活を楽しんでください。

以前に相談されたあなたの思い描く未来は、さらに大きく先の長いことです。けれども、自立して様々なことを行ってきたあなたならば、きっと着実に一歩ずつ進んでいくことでしょう。これからさらに成長していく姿を見られれば幸いです。

受験合格、本当におめでとうございます。
小・中学部 相羽 寛志
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 本郷中学校 → 宇都宮北高校 丸山 琳加さん

私は、中学2年生の2学期が始まった頃に入塾しました。
入塾した理由は、英語や数学の授業についていけなくなり、テストの点数が下がり続けていたからでした。
そして母から受験舎をすすめられ、体験授業を通して受験舎に通うことを決めました。

入塾当初は、英語と数学の授業を受講していました。どちらの科目もあまり得意ではなく、基礎的な問題も解くことができなかった私ですが、先生たちは見捨てることなく、自分に合った進め方で指導してくださり、成績を少しずつ上げていくことができました。
部活引退後は、受験に備えて国語も受講することになりました。遅めのスタートでしたが、入試直前には力がつき、点数も上がっていきました。

受験舎は勉強面だけでなく、精神面でもサポートをしてくださいました。
模試などでうまくいかなかった時は、「丸山さんなら大丈夫だよ」と声をかけてくださり、落ち着いて勉強に取り組むことができました。

先生方は絶対にプレッシャーをかけることなく、最後まで私を信じてくださったため、本当に心強かったです。そして、無事、第一志望の高校に合格することができました。

受験舎と出会って、私の勉強に対する見方は大きく変わりました。こんなに勉強を楽しく続けてこられたのは、受験舎のあたたかい雰囲気や、そんな雰囲気をつくり、熱心に指導してくださった先生方のおかげです。
本当にありがとうございました。

担当講師からのメッセージ 宇都宮北高校への合格、おめでとうございます!入塾以来、ずっと英語の授業を担当させていただきましたが、丸山さんが希望する高校に合格することができ、とてもうれしく思います。

2年生から3年生の夏休みにかけては、英文法の勉強に力を入れ、英語の力の土台づくりに徹しました。塾の授業のペースに合わせて、英文法プリントの復習もきちんとこなしてくれたので、3年生の夏期講習会からは、英文読解の練習を始めることができました。

秋には英作文の対策、冬には入試対策へと順調に進み、着実に力をつけていきました。そして、県立高校入試直前の特訓授業では、過去問演習に取り組み、本番に向けて最後の仕上げをしましたね。

丸山さんのすばらしいところは、英文法の問題でも、英文読解の問題でも、取り組み方がとても丁寧なところです。単に文字を丁寧に書くだけではなく、分からない単語は辞書で調べる、自分が理解できていないところを明確にして質問をするなど、特別なことではありませんが、これらのことを当たり前に行うことができていました。

今回の入試では、英語の出題形式が大きく変更され、戸惑う受検生も多かっただろうと思いますが、その中でも、力を発揮することができたのは、長い時間をかけて積み重ねてきた努力の結果だと思います。

受験を通して学んだことをステップにして、高校でも自信を持って勉強を続けてください。丸山さんの将来を受験舎から応援しています。
小・中学部 加納 麻菜実
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 陽北中学校 → 宇都宮高校 山﨑 慧成くん

私は環境に恵まれ4か国語を学びました。
韓国で生まれ韓国語を学び、中国に引っ越して中国語を勉強し、また国際学校に通い英語を中心に授業を受けてきました。
そのような状況の中、私は日本の学校生活をおくってみたい、日本の高校に通いたいと思いました。

その第一歩が日本での中学卒業でした。
そのため、母の実家がある宇都宮で祖父母に泊まらせていただき陽北中学校に通うことになりました。
陽北中学校の皆は優しく、本当に楽しい生活ができました。

しかし、不安なこともありました。宇都宮高校に受かるためには、このままの学力、特に日本語力が明らかに足りていないことです。
そこでネットで帰国子女向けの塾を調べ、通うことになった塾が受験舎です。

受験舎では最初は国語を中心に学び、冬期講習会では数学にも取り組みました。
国語では、説明文、小説文、古文など種類別に取り組み、冬期講習では、数学と共にいろいろな形式の問題に慣れるように頑張りました。

先生から個人指導をいただき、分からないところをすぐに理解することができました。
すると、分からなかった事柄が段々私の知識の一部になっていったように感じました。そして、志望校だった宇都宮高校に帰国子女枠で合格することができました。

自分が努力したこともありますが、それを支えてくれた家族、学校の先生や、受検舎の先生方のご指導があったからこそ掴めた合格だと私は思います。
ありがとうございます。

担当講師からのメッセージ 山﨑くん合格おめでとうございます。山﨑くんは、中学3年生の夏休み前に初めてお会いしましたね。第一印象で、「この子はまず宇都宮高校には合格するだろう」と思いました。それぐらい、自立していた生徒でした。おそらくあなたの歩んできた道のりや、親元を離れて生活することへのご家族の理解、さらにあなた自身に覚悟があったからでしょう。とても素晴らしいことだと思います。

体験記にもあるとおり、日本語力は足りていなかったとあなたは言っていました。確かに、語彙(ごい)力などは少し足りていなかったかもしれません。しかし、国語の力は十分に備えていたと私は思います。

国語とは言葉を多く知っているだけでなく、様々な視点でものを捉えたり、他者の立場になったりすることが大切です。そのためには、様々な体験こそ実感をもって他者の立場を捉える糧(かて)となります。そういった意味では、日本で育っただけでは得難い貴重な体験をしてきたことでしょう。それはそのまま、あなたの国語力になります。

常々私は、国語を伸ばすためには、「日々を真剣に、楽しく生きよう」と言っています。山﨑くんのような環境でなくても、日々目にすることや聞くことを記憶する、自分の体験とすることが、読解にも通じます。

見落としがちな当たり前の事柄をなぜそこに当然のようにあるのかを受け止められることが大切なのではないでしょうか。日々を楽しく生きることが、細かいところに気が付く目を養うのではないでしょうか。 様々な文化を経験してきた山﨑くんなら、この先もきっと細かな違いにも気が付き、その違いの要因まで捉えることができることでしょう。そうなれば、国語こそ一番できる科目になるかもしれません。そんな期待を持っております。

本当に合格おめでとうございます。
小・中学部 相羽 寛志
講師紹介はこちら>>

中学部 合格体験記 陽北中学校 → 宇都宮女子高校 福田 理奈さん

私は、中学3年生の夏期講習会に参加し、9月に入塾しました。
なぜなら、下野模試や実力テストで思うような結果が出ず、不安になっていたからです。
ただ、私は今まで塾に通ったことがなく、塾に通う前は塾に対して抵抗がありました。

しかし、体験授業や夏期講習会で受験舎の温かい雰囲気を感じると、塾に対する抵抗感は吹き飛び、ここでなら結果が出ずに抱えていた不安を払うことができるのではないかと思いました。

入塾後にまず取り組んだことは、苦手だった数学をどうにかすることでした。先生に相談すると、先生はすぐにそのためのプリントを用意してくださいました。
9月というタイミングでの入塾でしたが、学校の進度とは関係なく、私の理解度に応じて適切なプリントを用意してくださったので、しっかりと弱点の補強ができました。
また、演習を積み重ねていくうえで間違えたところは、理解できるまで何回でも教えてくださいました。
このように、繰り返し丁寧に演習を積み重ねられたので、合格に必要な力が身についたと思っています。

さらに、1月下旬から始まった休日特訓講座では、10年分以上の過去問を解くことによって演習量をかなり増やすことができました。
とても大変な演習量でしたが、普段は受講していない科目も丁寧に教えてくださったり、自習中も質問をすることができたりしたので、わからないことをすぐに解決できる環境と勉強に集中できる雰囲気があり、その大変な量も取り組むことができたのだと思います。

そして、受験舎の先生方は学習面だけでなく、精神面でもサポートをしてくださいました。
ここまで一所懸命に取り組んできたのなら、高校合格が全てではないという言葉をかけてくださったり、受検前日に緊張を和らげるためにアドバイスをしてくださったりしたことは、とても感謝しています。
これからは、大学受験や将来を見すえて、日々勉強を頑張っていきます。

担当講師からのメッセージ 福田さん、この度は志望校合格本当におめでとうございます!

振り返ってみると、初めてお会いしてからの約半年間があっという間に過ぎた感じがします。これまで塾に通ったことがなかったとのことで、体験授業のときには少し緊張していた様子を覚えています。また、話す相手の目をしっかりと見て真剣に聞く姿勢が素晴らしいなと感じていました。

あらかじめ数学に対する不安が一番大きいと伺っていたので、受験に向けて一刻も早くその不安の原因を突き止め、取り除いてあげたいと考えていました。そして、体験授業での学習姿勢やノートの使い方、計算のしかたを見させていただき、また、授業での質問のしかたやこちらからの解説に対する受け答えなどを通して、不安の原因が基礎学力の部分ではなく、問題演習量そのものにあることが分かりました。そこで、早速これからの受験対策の進め方をご提案しました。

夏期講習会の間に自覚する範囲で最低限の復習を行い、9月の入塾後は積極的に入試問題に対する演習量を増やしました。間違えることも、分からない問題に出会うことも全て経験値として力になるということをお伝えし、また、高校に合格することが最終目標ではなく、その先のステージ(大学入試)を見据えてしっかりと理解を深めることも併せて心掛けました。

そして、最後の過去問演習では、これまでの集大成として回を重ねるごとに、得点力をつけてくれたと思います。今回の合格は、福田さんの明るく前向きな性格としっかりと話を聞く姿勢、毎日学習を継続するという地道な努力があったからこそだと思っています。これから迎える高校生活でもその姿勢をぜひ続けてください。引き続き、応援しています。

あらためて、合格おめでとうございます。
小・中学部 小川 智行
講師紹介はこちら>>
小・中学部の紹介
高校部の紹介
卒業生のご紹介
親の心得
受検支援ブログ JUKEN SUPPORT BLOG
メディアライブラリー
安心・安全への取り組み
Facebook
ICEBUCKS HCのご案内

アクセス情報

  • 住 所
  • 栃木県宇都宮市大通り5-2-8 アサノ大通り第一ビル1F・2F
  • 所要時間(電車)
  • JR宇都宮駅西口から徒歩5分
  • 所要時間(バス)
  • 関東バス 上河原停留所下車 徒歩3分
    宮バス 妙正寺停留所下車 徒歩1分
  • 電話番号
  • 0120-244-015