冬期講習会
冬期講習会
資料請求・無料体験授業 勉強ガイドブックをプレゼント
目標に向けて、大きく飛躍
受験舎の「個別指導」
受験舎の個別指導の特長1

「個別」なので、同時に授業を受ける塾生の学年や学習内容、教材は様々です。また、「授業での解説は1対1」で行い、塾生の性格や学力等をふまえ、各塾生に適し、かつ、わかり易いものになるよう意識しています。

受験舎の個別指導の特長2

受験舎における解説とは、問題に対する答えを単に教えるのではなく、塾生自身が真の理解をした上で学力が向上するよう、手助けをすることです。

受験舎の個別指導の特長3

深い理解をしていく上での手助けと、「塾生1人ひとりのがんばりを支えること」が受験舎の個別指導の最大の特徴です。

+受験舎の特長をもっと詳しく+
今なら資料請求された方全員
受験のプロが教える

「勉強ガイドブック@受験舎」
プレゼント!

高校でつまずきがちな国語・英語・数学の勉強のポイントを
受験舎の講師が詳しく解説。
これを読めば、勉強に対する考え方が変わる。
高校生のお子さま・保護者の皆さま必見!


資料請求・無料体験授業 勉強ガイドブックをプレゼント
  • 「○○大学に合格したい!」
    という明確な目標がある人
  • 「このままじゃまずい・・・」
    という危機感がある人
  • 「何から手をつけたらいいのか・・・」
    という途方に暮れている人
あなたにぴったりの学習プランがあります。
対象の学年をクリック

-国語のおすすめ学習プラン-
高校1年生向け

古典文法(用言)
暗記のコツを伝授します。
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
7回〜
漢文句形
徐々にレベルアップ&無理なく習得
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
10回〜

閉じる

-国語のおすすめ学習プラン-
高校2年生向け

古典文法(助動詞)
暗記のコツだけでなく、訳すコツも伝授します。
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
10回〜

古文の訳し方
何となく訳しがちな古文・・・
正しい訳し方を身につけよう!
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
10回〜

現代文の読み方、解き方とは?
“現代文の勉強のしかた”教えます。
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
15回〜

閉じる

-英語のおすすめ学習プラン-
高校1年生向け

学年末試験でも良い成績が取れるように
テスト対策をしたい。
高校で初めて登場する分野“仮定法”の学習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
10回〜

受験を意識した勉強の一環として、
自分の実力を試したい
高2〜入試基礎レベルの 英文法・読解
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
15回〜

高校に入ってから苦手意識のある
“助動詞”と“分詞”の復習をしたい
特定2分野を集中復習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
15回〜

中学からずっと苦手なので、
まずは基礎を固めたい
英文法 中学内容復習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
20回〜

閉じる

-英語のおすすめ学習プラン-
高校2年生向け

センター試験レベルの文法問題を
スラスラ解けるようにしたい
英文法の演習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
15回〜

有名大学で出題されるような入試問題を
解けるようにしたい
入試問題を使った実践演習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
20回〜

中学校の頃から苦手なので
基礎から徹底的に復習したい
中3生の主要文法事項の復習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
15回〜

模試になると途端に点数が取れなくなるので
実践問題の演習をしたい
文法・和訳・内容一致などの総合問題演習
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
15回〜

閉じる

-数学のおすすめ学習プラン-
高校1年生向け

今やるべき“重要例題“
・2次関数の最大・最小の場合分け
・2次方程式の解の存在範囲
・絶対値を含む方程式・不等式
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
1分野 5回〜10回


他にも「学校の冬休みの課題」など、授業回数は課題の量、
授業の使い方などに応じてご提案させていただきます。
また、ご希望に合わせて授業内容のご相談を承ります。

閉じる

-数学のおすすめ学習プラン-
高校2年生向け

「数TA全体を復習する」
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
20回〜

「数UBの入試問題演習」
この時期に入試レベルを体感することで、
今後の学習課題を明確にしていきます。
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
30回〜

「ベクトルを基礎から応用まで演習」
基本的な問題から「ベクトル方程式」のような
応用問題までを演習します。
パターンを全体的に把握し、
テストでの得点を安定させることを目指します。
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 
10回〜

「苦手な場合の数を問題演習」
模試などで久しぶりに出会ったときにでも、
しっかりと対応できる力を
身につけることが目的です。
→→→冬期講習で必要な授業回数(目安) 

10回〜

閉じる

冬期講習会日程
12月23日(日)〜1月6日(日)
休塾日 
12月25日,12月31日〜1月2日

授業時間帯
9:00〜21:30
休憩時間 
11:50〜12:40, 15:30〜16:00, 18:50〜19:40

授業の取り方と授業料の目安
「1日ごと」に、「好きな時間帯」で授業を申し込むことができます。
部活や、個人のスケジュールに合わせることが可能です。

授業回数は、1回単位での申し込みが可能です。
(最低授業数 1教科 10回)


※お申込には事前に相談が必要となりますので、まずはお問合せの上、面談または無料体験授業をご予約ください。

※各教室定員となり次第〆切りとなり、ご希望に添えない場合もございます。

※授業1回は50分間となります。


申込授業回数 10回 
¥27,000(税込)
申込授業回数 20回 
¥47,000(税込)
申込授業回数 30回 
¥65,000(税込)

※申込授業回数は最低10回〜承っております。

その他の授業料については、面談の際にご確認ください。

※高3生・高卒生のお申込(日程・授業料など)については、上記とは異なります。

詳しくはお問い合わせの上ご確認ください。

資料請求・無料体験授業 勉強ガイドブックをプレゼント
冬期講習2017-2018 受講生の声