2018年合格者インタビュー01(根本 高輝くん)

早稲田大学 文学部 合格
早稲田大学 文化構想学部 合格
宇都宮高校通信制課程卒 根本 高輝くん


塾に行って授業を受ければ成績が上がる。
そんな幻想は抱いてはダメ。

受験舎
インタビューを始めさせていただきます。
よろしくお願いします。

根本
よろしくお願い致します。
まず1点、お断りさせていただきたい事があります。
自分の経歴は、宇都宮高校通信制課程卒業、英検準1級合格、早稲田大学文学部・文化構想学部合格という訳なのですが、

「なんだ、帰国子女かなんかで、元々英語が得意だったんでしょ、僕には私には参考にならないな」
って思われる方がいらっしゃるかもしれないのですが、一切そんなことありません。

生まれも育ちも栃木県、「生粋の地元高校生」です。
それでは、どのようにして早大合格に至ったのか。どうやって勉強をしたのかをお話させていただきたいと思います。
受験舎
あくまで普通の高校生ということですね。了解しました。
まず勉強について、なかなか成績が上がらず悩んでいる受験生が多いと思いますが、具体的な勉強法についてお伺いします。
根本
そうですね。
成績を上げたい。大学に合格したい。だから塾や予備校に行こう。
というのは分かるのですが、半分は合っていて半分間違っていると思います。
受験舎
と言いますと?
根本
はい。
成績について多くの人が誤解していると思うのですが、塾に行く、授業を受ける。その行為自体で自然に勉強が出来るようになるということは一切ないんです。
幻想ですね。
自分が勉強ができるようになるかは結局その人がどれだけ実際に勉強するのかによります。
受験舎
予備校とか塾に幻想を抱いちゃダメだってことだね。
根本
そうですね。
上げてもらおうっていうのじゃなくて自分で上がりたいんだって言う姿勢で臨まないと絶対上がっては来ないということです。
塾行ってるから上げてくれるだろうとか、塾行き出したし次のテスト出来るんじゃね?っていうのはちょっと違うかなと思います。
受験舎
半分は合っているっていうのはどういう点ですか?
根本
そうですね。
具体的な志望校対策とか始まったときには是非通っていたほうがいいですね。志望大学に合格するためにはどうしても情報量勝負になります。その時プロでやられてる先生方ですからやっぱり頼れるところは頼るって言う方が良いと思います。

成績を上げるためにやった3つのこと

受験舎
具体的に、根本くんはどのようにして成績を上げたのでしょうか?
根本
国英社この3教科に関しては3つのことをするだけで成績を上げることが出来ました。
受験舎
たった3つですか?
根本
はい。3つだけです。
志望大学に受かりたければこの3つに2つ加えて5つで十分だと考えています。

 ①「単語を覚えること」
 ②「文法のルールを体に染み込ませること」
 ③「音読すること」
受験舎
ではまず、
①「単語を覚えること」
について
詳しく聞かせてください。
根本
まずは量についてですが、古文単語なら300~400語まで。英語単語ならセンターと二次のレベルが同程度の大学なら3000語。
それ以上の俗に言う難関大学なら5000語~7000語。早稲田や上智で圧勝したいならそれ以上覚えるべきというくらいに考えました。
英語や古文については単語がわからなければお話になりませんよね。
疎かにしてはいけないところです。

細かい面倒な作業を続けるのが辛いと思いますが、今覚えているその1単語が合格に直結しています。合否を分けるという表現が好きでは無いのですが、単語を知らないだけで落ちたことがあります。
入試でそうはなりたくないですよね。だからモチベーションを持ってやってほしいところです。

受験舎
具体的な覚え方はありますか?
根本
私はとにかく書きまくりましたし、この方法を推奨します。
「効率がどうだ」とか、「私大志望でスペルを覚えなくてもいいんじゃないか」とか反対意見をよく耳にしますが、
自分は書きまくって脳みそに叩き込みました。
その際、努力を目に見える形で残すのが挫折を防ぐのに有効だと思ったので、自分はノートを積み上げていきました。
自分よりも高くノートを積み上げる子が続出することを願っています。
(以下の写真参照)

受験舎
次に、
②「文法のルールを体に染み込ませること」
と言っていましたが。
根本
はい。
「何も考えていなくても気づいたら英語で反応していた。」というレベルでなければ使えないムダ知識でしかありません。
そのためにはやはり量ですね。
伊藤先生に紹介してもらった「山口英文法講義の実況中継」を何度も読み込みました。
受験舎
最後に、
③「音読すること」
の効用については巷でもよく話されているけど、
どのような目的で行ったの?
根本
ネイティブとの決定的な違いは英語や古文の発話量です。
音読は、一定以上の高度な内容を含む文の疑似発話体験となります。
そのことによって、ネイティブが考えるように考えられる脳を目指しました。
受験舎
音読したのは古文とか英語?
根本
はい。
古文と英語を中心にやりました。ただ日本史の暗記系のものも一緒にやりました。

受験舎
具体的に方法を教えてもらえる?
根本
まず回数を決めていて、古文だったら15回。
それを3日続けたら次のページに行ってみたいな。
英語は10回聴く、そして音読5回を2セット+シャドーイング5回3セット
それを毎日3回繰り返して・・・。

※シャドーイング(shadowing)とは
視覚には頼らず、音声を聴き、聴いた英語をそのまま口に出して言う練習方法。
もともとは同時通訳者のためのトレーニング方法であり、英語力向上に効果があると多くの人に言われている。
受験舎
3回に理由はあるの?
根本
はい。
まずは昼に新しいものをやって、夜寝る前に思い出せるのかを確認しながらの2回目。
3回目は次の日の朝に、昨日覚えた内容を再度復習することによって記憶への定着を深める目的で行いました。
特に朝と昼は机に向かってする学習を始める前に音読に取り組むことによって、少しずつ勉強への集中が高まって、スムーズに勉強に入っていけるような気がしていました。
受験舎
そんな狙いもあったんだね。

根本
自分は音読信者なので4月から2月までで古文は1646ページ、英語は4946ページ分を音読しまくりました。
「文で覚える単熟語(旺文社)」の1級と準1級を読んでましたが、現役生ならコミュ英のテスト範囲をやると一挙両得。
これから受験する人達には自分の音読ページ数を上回ってくれることを期待しています。(笑)
受験舎
何か気をつけることはある?
根本
この3つをやれば必ず成績は上がります。そう言い切ります。
自分が実証しました。
駿台5月偏差値36.6 →(一年後) 駿台5月偏差値79.2
ただ1つだけ言うとすると今日音読を10回したから明日できるようになるという訳ではありません。
何が言いたいのかというとこの3つは継続性が必要。努力が結果になって帰ってくるには最低3ヶ月。
1年かかることもあります。でも諦めないで続けてみてください。
半年後にはあなたは見違えるほど大きく成長しています。


合格に必要な2つのこと

受験舎
志望大学に受かるために必要な残りの2つのことについて話してもらえますか?
根本
”赤本研究”とそこからわかった”志望学部の問題を解くための勉強”です。
まず赤本を解く前に各教科について、例年一定の傾向があるのか否か、あるのなら、それぞれどのような形式なのか把握します。
これは希望校決定と同時にやってください。そして実際に1周目を解きます。時期によっては時間無制限でもかまいません。
2周目との間隔を空けたいのと、その後の勉強が大事なので受験期(3年か既卒)の夏から秋には終わるのが理想です。
答え合わせをして素点でパーセントをだします。全体では基本65%いっていればかなり有望かと。いっていなくても気にしない事。
この後出来るようになるためには何が必要かを洗い出すのが目的です。この際、解答用紙を自分で作って解くこと。
本番慣れの意味もありますが、大問別の出来がよく見えます。悪い大問の形式(範囲)に重きを置くスタイルで勉強をします。
この指針立てが一周目の目的です。
明確な目的のもと勉強できるようになります。この指針のもと当日まで勉強します。
直前期に本番の時間で二周目を解きます。制限時間厳守です。
5つ目のやる事がしっかり身になっていれば70-80%とれるのかなと。
2周目は慣れが目的です。約10年分を2周。絶対受かりたい学部はここまでやる事が必要です。

自分はここで初めて塾が本領を発揮してくれる場所だと考えています。

受験舎
塾の出番がきたね。受験舎の良いところはある?
根本
通っていて感じたことを率直に言っちゃってもいいですか?
受験舎
何か怖いけど、参考にさせていただきますよ。
根本
では、自分が感じたことは、先生方が一体になって、一致団結して一人ひとりの生徒の合格に全力を尽くしてくれているということが目に見える形や見えない形でもギンギンに伝わってくることですかね。
志望大学に受かりたい人は受験舎にお世話になれ!って感じです。
受験舎
ありがとう。
それを一番に掲げて日々やっているからそう言ってもらえて嬉しいです。

後輩たちに伝えたい言葉

受験舎
後輩に伝えたいことはありますか?
根本
志望大学に絶対合格する人がいるんです。100%です。
誰だと思いますか?
受験舎
んー。難しいな。
ただ、やっぱり当たり前の事を当たり前に出来る子かな?
根本
流石です。本当に流石です。
ではどんな人が当たり前のことを当たり前にやって志望大学に合格できるのか。
それは、「動機を持っている人」なんです。
だから何でもいい、大学を志す皆さんには勉強する「動機」を持ってほしいんです。
前述のとおり、大学合格には面倒くさい作業を毎日繰り返すことは避けて通れないんですね。
考えてみて下さい。
例えば小さい頃大怪我をしてお医者さんに一命をとりとめてもらった。
だから「今度は自分が医師になって誰かを助けるんだ!」って奴が英単語覚えるの面倒くさいから嫌だとか言う訳ないじゃないですか。
まあ、僕の動機は秘密なんですけどね(笑)

受験舎
気になるなぁ(笑)
根本
あの通信制の真っ白い奴でも早稲田に受かったんだ。俺だって私だって受かってみせる。そう思って欲しいんです。
憧れぶら下げて、動機引っさげて、譲れねーもん譲らなければきっと受かるから。
そして受験生である限り勉強はmustです。でもそれだけじゃちょっと寂しいですよね。
自分が出来なかったから年下の子にはどうしても真剣に語ってしまうんですけど、皆は今、約80年の人生の中でたった3年しかない貴重な時間を過ごしています。
部活に打ち込んだり、バンドに熱中したり、彼氏、彼女と色々夢中になったり、そういう高校時代って僕は好きです。
是非そうであって欲しい、そう思っています。
だから学業+1の精神で思い切り青春してくださいね。

最後に浪人生へメッセージ

どう?不合格通知。悲しいよね。悔しくてたまらないよね。
僕も昨年3つももらった。
だけどさ。顔を上げて欲しい。
来年の春、桜が咲く頃に笑うのは誰だ?

君だよ。

<番外編>

受験舎
根本君オススメの参考書はありますか?
根本
Ⅰ「出口汪 現代文講義の実況中継①~③」(語学春秋社)
Ⅱ「今度こそ英語は大丈夫」(東進ブックス)

Ⅱは絶版ですが、Amazonで買えます。
この2冊を読んでいなかったら、僕は早稲田に合格出来ていなかったことでしょう。
それぐらい役に立った2冊です。
苦手な人から得意な人まで誰にでもオススメできる2冊です。

受験舎
教科選択に迷ったときにオススメの教科はありますか?
根本
ダントツで日本史だと考えてます。
私は、ある程度以上の発展を遂げている国で自分の国の歴史が選択科目になってしまっている国を日本以外には知りません。
入試で有利か不利かなどを考える以前に、やはり自国の歴史を知るということは、とても重要なことだと思います。
自分の生まれてきた国がどのような道のりを経て今にあるのか。
先人の成し得た偉大な功績の数々を、またそれと同時に、人間の犯した愚かな過ちの1つ1つを、しっかりと自分の胸に刻み込むことが、視野を広げたり、自分を成長させたりすることにつながると考えています。